マイナンバーを担当者だけが管理できるシステムとは

マイナンバーの収集を行う際、中小企業などは直接担当者がそれを受け取ったり、大企業であれば専用のチームに持っていったり、郵送したりして収集されることになります。

その際にマイナンバーカードのコピーや番号通知カード、免許証の提出など紙媒体などが混じることで、誤ってそれを捨ててしまい、個人情報が流出する危険性が伴います。

マイナンバーのシステムに関する疑問が解決できます。

できれば、紙媒体を介さず、収集できるシステムがあり、それを一元的に管理できればそれに越したことはありません。


それを可能にするのがクラウドサービスを活用した紙媒体を使わない形での収集、管理の一元的なサービスです。

All Aboutの特別な情報を載せています。

システムとしては、まずアルバイトやパート、社員などに専用の番号が与えられ、IDなどを打ち込み、それで専用のサービスに接続します。


そこでマイナンバーなどを打ち込み、操作は完了となります。そして、これらの中身を閲覧できるのは特定の権限が与えられた管理担当者のみです。


万が一、管理担当者が閲覧している際に覗き見する人がいたとしても、マイナンバーは表示されないシステムとなっています。

取得、管理、運用など1つのシステムの中ですべて行えるだけでなく、そこでの操作も記録されています。こうしたサービスを利用するには多少の費用がかかることにはなりますが、万が一流出してしまった場合の社会的信用の低下は避けられず、会社を揺るがす問題となるため、会社を漏えいから守るコストとしては十分といえます。